» 2011 » 11月のブログ記事

コートの生地でベストを作ったのですが、生地はまだけっこう残っています。

で、バッグを作ってみました。
ワッペンをもっらったことだし。

まず、型紙を用意。




これで、表の生地、中の生地合わせて4枚、型をとりました。
あとはマチの部分と、持ち手と、真ん中のヒモ。

出来上がりはこんな感じになりました。
トラディショナルな雰囲気でしょう?




ゆがみ防止のヒモは、マジックテープで止める予定だったのですが、うまく止まらなかったので、結ぶことにしました。
スナップをつけてもいいかも。

お弁当と本を入れても大丈夫です。
こういう小物ひとつで気分て変わるもんですよ^^

バルー、このバッグ、どう?




興味ないみたい。


ワッペンいろいろあります^^
ワッペンをもっとさがしてみる>>

ルームシューズ:2

はんど&はあとのキットのルームシューズ。
バレエシューズタイプとバブーシュタイプがあるのですが、私はバブーシュタイプで作りました。

テンプレートがついていて、しるし付けはこれで線をなどればいいので、楽です。
正確にできるし。




いろんなパーツを作って、組み立てて・・・という流れです。
いろんな工程があって、けっこう時間がかかりました。




この状態でまわりを縫って、ひっくり返して、かかとの折り返しを底に縫いつけて出来上がり。




見本のは、もっとふっくらした感じのような気がするけど・・・。

けっこう手間がかかってしまい、もう一つ作ろう、という気にはなれませんでした。
なんかもったいなくて、はけないなー。

部屋の中はかなり散乱してました(-_-;)

でも、ミシンて楽しいですよね。

うちのミシンは古く、ボビンケースがあるタイプ。
でも、大事な私の相棒です。

   ⇒はんど&はあとのホームページ
   

ルームシューズ:1

新聞広告に入っていたベネッセの「はんど&はあと」が気になっていました。
ネットでもいろんな所で宣伝していますよね。

   ⇒「はんど&はあと」のホームページ


で、とうとう申し込んでしまいました。
長続きしないたちなのですが、いろんな手作りを知ってみたくなったので、しばらくとってみようかなー、って。
実は、申込時期の関係で、もう、3ヶ月分たまってます・・・。
まぁー、これからこれから。

まずはルームシューズに挑戦。

キットがついてます。




材料とテンプレート。

作り方はこんな感じです。







ちょっと楽しそうでしょう?
ルームシューズを作りたくない人はこんな風に使い回してもいいんですって。




工夫次第でいろいろできるのがいいですね。
私はルームシューズを作ります。

では、まずはテンプレートを使って、しるし付けするところから始めるみたいです。

ベスト、出来上がりました。

生地がただでさえ厚いところ、ほどいた生地なので、必要のないところに接着芯があったりして、ちょっと厚めの仕上がりです。
体にフィットしなくて、浮いた感じになりますが、外で着る分にはいいような感じです。
サイズがMでもよかたのかなー。




ふちの押さえミシンは、本には書いてないのですが、収まりがよくなかったので、思い切ってミシンをかけてしまいました。
前身ごろの裏。




中表の見返しをひっくり返すのが大変でした。
生地が厚くなってるので・・・。

ボタンつけと、ボタンホール。
ボタンは1個160円で、4個で640円。
水牛、ってなってたかな。
今回の材料の中で一番高い。




裏側の全体。




着るとちょっと大きくて、ちゃんちゃんこっぽいです。
でも、着てますよ。
自分で作って着る、ってたのしいですねー。

今回はウールの生地なので、切りじつけでやって見ました。




薄い綿の生地にやるよりやりやすいです。
それに、少し慣れたかな。

こんな感じにできました。




なんだか、切りじつけ、ちょっと面白いです。
時間がかかるけど。
印が表にも裏にもつくのがいいですね。

後ろ身頃は本だと1枚布で作るのですが、なにせほどいた生地。そこまで大きなパーツは取れなかったので、勝手に左右半分に分けてカットしました。真ん中で縫い合わせます。

接着芯が所々についていて、生地が思ったより厚くなりそうです。

|ソーイング | | コメントはまだありません

リンクについて

リンクフリーです^^

ブログランキング参加しています

姉妹ブログ

犬のブログやってます。 ヨーキー・バルと暮らす  アラフィーの日記
おすすめFX業者