» ぬいぐるみのブログ記事

ぬいぐるみの作り方の本

ぬいぐるみにはいろんな作り方がありそうです。
自己流ではなく、専門家のやり方を知りたいと思い、本屋さんでさがしてみました。

大きな本屋さんでしたが、意外と普通のぬいぐるみの作り方の本て少なかったです。
その中で興味がわいたのがこの本です。

「はじめてのどうぶつぬいぶるみ」という題で、筆者の著者は長谷川孝博さんという方です。
ご両親がぬいぐるみの製造の仕事を営んでらしたということで、ぬいぐるみが体にしみてるような環境ですよね。


はじめてのぬいぐるみ1
(以下クリックすると拡大します)


うさぎのぬいぐるみが基本で、応用でクマ、パンダ、犬、ブタなどなどが作れるそうです。


はじめてのぬいぐるみ2


ちょっとがんばってみようかなー、という気になっています。
やっぱりまずは、うさぎかな。


バル20141109


うん、どっちも集中してがんばる。


応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド 生活へ
にほんブログ村

頭に綿を詰めて、ジョイントを埋め込んでおくところまですんだので、次は手足、ボディをジョイントして綿を詰めます。

ジョイントの凸部分をボディにセットしました。


ジョイント1

(以下、クリックすると拡大します)


でも、説明書を見ると、手足の方に凸部分をセットするように書いてあったので、やり直しました。


ジョイント2


全部くっつけると・・・


ジョイント3


そして各パーツに綿を詰めていきます。


ジョイント4


返し口から詰めて、コの字に縫ってとじていきます。

今回ははじめてペレットも使いました。
ある程度重みがある方が置いた時に安定するかな、と思いまして。
ボディの中央に入れました。


ジョイント6


ペレットは入れるときに、パラパラと散らばってしまうので紙でじょうごみたいなのを作ってから入れます。


ジョイント7

ジョイント9


頭をジョイントして、返し口を閉じたら完成です。


完成1

完成2

口が目立たなくて、表情がないのが残念。
鼻の部分の毛を少しカットしましたが、あまり変わらないですね。

目の付け方、凹ませ方がよくわからず、自己流になりました。
難しいです。
ぬいぐるみは表情が命。
勉強しないといけないですね。

同じ作り方で、ウールの布で作ったのと並べると、全く別物です。


完成3
(ピンぼけですみません)


作りやすいのは布ですが、ボアはやっぱりぬいぐるみらしくて、ほんわかした気持ちになるし、実は縫い目が目立たないのです。下手でも何とかなるということがわかりました。

ちがうレシピのクマも並べました。


完成4


いかにも初心者っぽいですが、かわいいコーナーができあがりました。
犬のぬいぐるみも作ってみたいんだけどなー。

ぬいぐるみ作りは、多分いろんなやり方、技術があるんだろうなー、と思います。
職人になるわけではないので、できれば簡単で、かわいくできる作り方をみつけたいなー。


バル20141108


そうだよねー。
最近、ドラクエのモンパレはじめちゃったから・・・。
やりすぎないように気をつける。



応援クリックお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

綿を詰めて、目をつけて、口の刺繍をした頭に耳をつけます。


頭仕上げ12
(以下、クリックすると拡大します)


付け根の縫い代を内側に折ってしつけをかけておきます。
まち針で頭に仮止め。


頭仕上げ13


位置をよく確認。


頭仕上げ14


コの字に縫い付けていきます。
片方は1本どりでしましたが、ちょっと頼りなくて、もう片方は2本どりで縫い付けました。
正面から見ると・・・。


頭仕上げ15


側面から見ると・・・。


頭仕上げ17

頭仕上げ16


クマらしくなってきました。
耳がかわいいです。

ジョイントの凸部分を埋め込んでおきます。


頭仕上げ18


さーて、次はボディを仕上げていきます。

結局、夜なべしちゃいました。

バル20141103

そうだよね。
でも、寝坊しちゃいそうだなー。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

ぬいぐるみのパーツを縫うのは終わっています。
今度は綿をつめて、表情をつけて、ジョイントしていくのですが、1番気を使う頭の仕上げになかなか手を付けられませんでした。

かわいさが決まる、とっても大事な行程なのですが、説明書を読んでもよくわからないのです。ボアでなく、布帛で作った時には端折ったので実質はじめてです。

でも、まあやってみるか、と、やっと重い腰をあげました。

頭に綿を詰めて、目の部分を凹ませます。

頭仕上げ1
(クリックすると拡大します)

写真にあるような、長い針を使います。
首から針を入れて目の部分をすくってぬって、引っ張って凹ませるのですが、布のすくい方とか、糸の玉止め、処理のしかたとか、よくわからなくて自己流でやってしまいました。

頭仕上げ2

何となく、目のあたり、凹んでますよね。
顔らしくなりました。

次は目をつけます。

頭仕上げ3

これも自己流でつけました。
その次が鼻。
説明書だと刺繍するのですが、難しそうだったので、黒っぽい布を縫いつけました。

頭仕上げ4

丸いのを作ってみましたが、少し形を変えました。

頭仕上げ5

まち針で止めてみました。

頭仕上げ6

縫い付け終わり。

頭仕上げ7

前から見ると・・・。

頭仕上げ8

目が隠れ気味ですね。
そして、鼻の下と口の刺繍。

頭仕上げ10

けっこう太く刺繍したつもりなのですが、ボアに隠れてしまいます。

左右から見ると・・・。

頭仕上げ9

頭仕上げ11

ボアを少しカットしてみましたが、あまり目立たないです。
次はもっと対策しなければ・・・。

今日はここまで。
100%の出来とはいえませんが、だんだん、らしくなってきたので、楽しみになってきました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

足の片方がぬいあがりました。

足4
(クリックすると拡大します)

足のつま先~足首(返し口下)、足裏、かかと~前の返し口上の順番に縫い合わせます。
両方縫ってひっくり返すと・・・

足5

この瞬間、楽しいですよね。
縫い目に入り込んだボアの毛を目打ちで、丁寧に引っ張りだしておきます。

これでパーツはすべて縫い上がりました。

足6

バルもぬいぐるみみたいだよ。

足7

もうちょっとスピードアップして作りたいな―。
早く完成したところ見たい。
ぐーたらしないで、家事はとっととやっつけて、ぬいぐるみ作りに没頭しよう(*^_^*)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

ぬいぐるみの腕は縫い終わりました。
ひっくり返すと


腕4
(クリックすると拡大します)


かーわいー。
モコモコの生地と手のひらの明るい茶色のコントラストがいいかんじ~。
自画自賛ですね。
まだ出来上がってもいないのに。

で、次は足。


パーツは・・・


足1


左右の足はそれぞれ、同じ形の布2枚と、丸い足裏からできています。

まず、つま先から返し口までを縫い合わせます。


足2


次は足裏を縫いつけます。


足3

ちょっとめんどくさくて、気を使うところです。

モコモコの生地は縫ってて楽しいですね。
バルの毛もモコモコです。


バル20141023



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

ゆっくりクマのぬいぐるみを作っています。

返し口を残してボディを縫い合わせたところ。


ボディ6
(クリックすると拡大します)


ひっくり返すと・・・。


ボディ7


うんうん、ぬいぐるみらしくなってきました。

次は腕を縫います。
パーツは・・・


腕1


腕の内側は手のひら部分の布と縫い合わせます。


腕3

腕2


次は内側と外側を縫い合わせます。
んー、でも今日はここまで。

もっと早く縫えるといいんだけどなー。
早さって大事です。
もうちょっと意識してやってみよう。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

クマのぬいぐるみのボディをつなぎ合わせています。
前と後ろを右側、左側それぞれ縫い合わせたところ。

ボディ3
(クリックすると拡大します)

次は前を縫い合わせます。

ボディ4

その次は後ろ(背中)を返し口を残して縫い合わせます。

ボディ5

のってきたのでもっと進めたいのですが、今日はここまで。出勤の準備をしなくては。

いつもバルは、私がいすに腰掛けてチクチクやっていると、横に飛び上がって乗ってきます。私はいつも半ケツ状態。
でも、それがたまらなくうれしいのです。

バル20141010

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド 生活へ
にほんブログ村

ボアのくまのぬいぐるみをすこーしずつ作っています。

頭のてっぺんと、左右のパーツを中表に合わせてチクチク。半返し縫いで。


頭2
(クリックすると拡大します)

頭1


ひっくり返すとこうなりました。


頭3


クマっぽくなってきました。
順調、順調、と思っていたのですが、大失敗をしてしまいました。

ボディにとりかかったのですが、レシピをきちんと読んでなかったのですね。

まず前部分の左右を縫い合わせ。


ボディ1


前ボディも後ろボディもそれぞれ左右を
中表に縫い合わせました。


ボディ2


ところが、それが大間違い。
まず、後ろボディの縫い合わせる側を逆にしてしまたったなー、と気づきました。
背中側でなく、脇側を縫い合わせてしまった。

しかーし、レシピをよくよく読んでみると、縫い合わせるのは、まず、前ボディと後ろボディの片側を(左側と右側をそれぞれ)縫い合わせるのですね。
その次に前を縫い合わせて、最後に後ろ側を返し口を残して、縫い合わせる。

ほんと、そそっかしいです。
あーあ、前回も間違ったやり方でつくってしまいました。
できるにはできるんです。
でも、やり直そう、正しくつくろう、と思い、ボディ部分をもう1度、裁断して新たに作り直すことにしました。

時間がもったいないですね。
ガッカリです・・・。


バル20141005


ありがとう。
ゆっくりがんばる。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

またまた、くまのぬいぐるみに挑戦です。
前回はウールの布で作りましたが、今回はいよいよ、ボアの生地で作っちゃいます。
前回と同じレシピ。
写真のクマの表情、かわいいでしょう?

ぬいぐるみレシピ
(クリックすると拡大します)

トルネードボア、とかいう生地で、単調なボアではなく、丸いかたまりがいくつも重なったような模様になっています。

生地

ウールの生地で手のひらや足裏にします。
型紙は前回のをそのまま使えるのでうれしい。

型紙

で、まずは私にとって一番やっかいで、面倒くさい作業。
型紙を置いて、布に印をつけていきます。

型どり

ボア生地の裏はチャコペンシルでは色がつきにくく、普通のチャコで印付けをしました。
なので、線は太くなりがち。
また、さわると色が少しずつとれてしまうので、気を使います。

この作業、大事なんですが、ほんとめんどくさい。
神経使うし。
何かもっといい方法ないかしら。

合印やジョイント位置、返し口はしつけ糸でも印をつけました。

カッティングをしていて感じたのは、小さいハサミがいるなー、ということです。
長い毛を織り込んであるわけなので、その部分は切らないように、台の生地だけを切るようにしたいと思うと、ハサミの先の方で細かく切り進む感じなのです。
普通の裁ちばさみでは不便でした。

うん、ハサミを買わなきゃ。

で、まずは耳から塗っていきます。
ボアと布とのコンビネーションにしました。

耳1

耳2

中表にして縫ってから、表に返します。
縫い目から、中に縫い込まれた毛を引っ張りだします。
こういう作業は楽しいんですよね。

次は顔です。
少しずつ進むのがわかって、ぬいぐるみ作りは楽しいですね。


バル20140927

ごめんごめん。
それにしてもバルは、ほんとぬいぐるみみたいだね。いつかバルのぬいぐるみ、作りたいな―。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

|ぬいぐるみ | | コメントはまだありません

リンクについて

リンクフリーです^^

ブログランキング参加しています

姉妹ブログ

犬のブログやってます。 ヨーキー・バルと暮らす  アラフィーの日記
おすすめFX業者